カジュアルながらもゆったりと時間を楽しんでいただけるイタリアンレストラン カバカヴァロ

menu

Ristorante CAVACAVALLO

投稿サボってる間に秋になっちゃいました…

前回からすっかりさぼってしまい、秋になってしまいました.....季節の変わり目は自律神経に変調をきたす時期です。お変わりなくお過ごしでしょうか?

さて空気もカラッと乾いて清々しくも過ごしやすくなってくると、濃厚でほっこりした食べ物が恋しくなります。これからの時期は美味しいものが目白押しです。まさに洋食屋が待ち焦がれていた季節到来。今回は日本人にしか理解できないのでは?ゴボウのお話です。

どう見ても木の根っこでしょう...ってビジュアルのゴボウは世界のほとんどでは生薬もしくは漢方薬の原料で、食材としての利用は、日本と旧時代に日本が統治していた朝鮮半島、北東中国及び台湾くらいだそうです。

発祥はユーラシアですが、食文化として根付いたのは極東の島国だけ、面白いものです。

金平や柳川鍋など、江戸時代に野菜の市民権を得た背景には滝野川のゴボウ栽培の確立があります。肥沃な武蔵野台地の東端に位置して、柔らかな黒土と水はけの良さから、かの地のゴボウは人気を集めて、やがて日本全国で栽培されてゆくのです。ゴボウの主な香気成分のメトキシピラジンこそが日本人の嗜好をくすぐる風味で有り、一部の赤ワインにも含まれる“コク”と呼ばれるものだったりもします。 また、ゴボウの糖類は血糖値を低下させて、糖尿病の予防に効果的です。ホルモンの分泌を促したり、食物繊維が豊富で腸内環境を整えてくれたりと、男性にも女性にもありがたい食材であるスペシャルフードのゴボウは、土のイメージの繋がりからトリュフと好相性。ワインと共に味わって欲しい日本人だからこそ感じ取れる大地の味わいを是非ご堪能ください。

 

 

関連記事

WEBからご予約

オンライン予約


オンライン予約は、ディナーのみの受付とさせていただいております。
ランチタイムや貸切・団体でのご予約は、お電話(03-6438-9656)またはE-mailにてお願い申し上げます。

TEL / FAX

03-6438-9656

営業時間/定休日

営業時間

< Lunch >
11:30 - 15:00 (L.O.)14:00 

< Dinner >
18:00 - 23:00 (L.O.)22:00

定休日

Wednesday(水)


アーカイブ