カジュアルながらもゆったりと時間を楽しんでいただけるイタリアンレストラン カバカヴァロ

menu

Ristorante CAVACAVALLO

夏のトウモロコシ

世界三大穀物の一つ。アメリカ大陸がルーツとされていて、マヤ・アステカ文明の頃にはすでに大規模栽培が行われ、両文明の根幹を成していたトウモロコシ。

15世紀にコロンブスがアメリカ大陸を発見した際にトウモロコシを持ち帰ったことでヨーロッパに伝わります。
トルコ帝国の大規模栽培に始まり、地中海沿岸からイギリス、東欧までほぼヨーロッパ全土に拡大します。
広大な欧州を席巻するのにわずか1世紀という、驚くほどの速さで広がっていきました。

それまでの穀物に比べても圧倒的に高い収穫率は“17世紀の危機”と呼ばれた農作物の不作による飢饉や情勢不安の緩和に、同じく新大陸からやってきたジャガイモと共に役立ち、ヨーロッパを飢えから救いました。

トウモロコシの主成分は炭水化物でエネルギーの塊です。
自らの糖化を手助けするビタミンB1や、新陳代謝を助けて細胞を作るビタミンB2、抗酸化作用を有して細胞や身体組織を活性酵素から守るビタミンE、血中コレステロール値を抑える必須脂肪酸のリノール酸などを兼ね備えた栄養価の高い食品です。

最近では化石燃料の代替えとしても注目を集め、世界の作付面積は増加し続けています。

暑さが増すこれからの時期、沢山スタミナをつけましょう。
良質なたんぱく質が豊富な夏のアナゴといっしょに栄養満点のトウモロコシを組み合わせて提供したいと考えてます。
アナゴの煮込みにトウモロコのクレープ仕立てなどいかがでしょう?香ばしさと甘い旨みの組み合わせは食欲が出ること間違いなしです。

トウモロコシの黄色は心理学的にも元気あふれる色です。じめっとしたこの時期にお皿の上から陽気にさせてくれるなんて、自然って素敵ですね。

関連記事

TEL / FAX

03-6438-9656

営業時間/定休日

営業時間

< Lunch >
12:00 - 15:00 (L.O.)14:00 

< Dinner >
18:00 - 23:00 (L.O.)22:00

定休日

Wednesday(水)


アーカイブ