カジュアルながらもゆったりと時間を楽しんでいただけるイタリアンレストラン カバカヴァロ

menu

Ristorante CAVACAVALLO

サンタローザ修道院秘伝のお菓子

人気TV番組でもとりあげられてすっかり知名度の上がった南イタリアはナポリのお菓子です。

中世の修道院は文化の最新鋭を創造してきました。ワインやスピリッツなどの蒸留酒はもとより、錬金術なるものまで…
当然、高価だった砂糖や小麦なども彼女達はふんだんに使用できました。そして新たな文化をつくりだしていたのです。

スフォリアテッラはヒョンな経緯から厨房係の修道女によって産まれたとされています。出来上がったそのお菓子は修道女達や近隣の人々にとても好評で、それ以来レシピは門外不出とされてきました。

1818年、ナポリ人のピンタウロはどういった経緯かは不明ながらも、そのレシピを手に入れる事に成功して、幾つかのアレンンジを加えて貝の形に作ることを思いつき、やがてピンタウロのお菓子屋は大繁盛します。

実際作るのは意外と手間で、極々薄く延ばした生地にスーニャと呼ばれる精製ラードを塗って、空気を抜く様に巻きます。
それを1センチの輪切りにカットして、中心部に親指を置いて周りの生地を少しづつ押しずらして漏斗状態の袋をつくり、中にセモリナ粉と柑橘のピールのクリームを詰め込んでオーブンで焼き上げます。

オーブンから出して熱を飛ばしてほんのりと温かいころが食べ頃ですね。
口に入れると、生地の薄いパリパリ感と、中身のしっかりとしたクリームの程よい柑橘の風味が、絵もいわれぬコントラストで幸せな気分になります。

つい200年前まで門外不出だった修道女達のお気に入りの味わいを、ご賞味ください。

関連記事

TEL / FAX

03-6438-9656

営業時間/定休日

営業時間

< Lunch >
12:00 - 15:00 (L.O.)14:00 

< Dinner >
18:00 - 23:00 (L.O.)22:00

定休日

Wednesday(水)


アーカイブ