カジュアルながらもゆったりと時間を楽しんでいただけるイタリアンレストラン カバカヴァロ

menu

Ristorante CAVACAVALLO

八朔が美味しい季節となりました。

広島県は尾道市原産で地元浄土寺にて原木が発見され、
住職の小江恵徳によって栽培が始まりました。

彼が八月朔日【8月1日】には食べられると言った事から八朔と呼ぶ様になったとか....実際には未熟すぎて食用できません。夏に食べる事が出来る柑橘は意外と少ないんです。

温暖で、柑橘類の育成条件の整っている瀬戸内海において、数多ある柑橘のなかでも、八朔の最も特徴的なのが苦味ではないでしょうか。 

その苦味の主成分のナリンギンはポリフェノールの一種のフラボノイドで、強力な抗酸化作用を有します。 
身体の酸化を抑えて、ダメージを受けた細胞を修復して免疫力を高めてくれるので、疲れや風邪のひき始めに有効です。
また高血圧症や癌予防にも期待がもてます。 
一日一個の八朔で、成人の必要摂取量の7割ものビタミンCを摂ることができる優れた果物なのです。

ちょっとほろ苦い、大人な柑橘の八朔はじょうのう膜を剥ぐとホロホロと身が割れるのも特徴的です。
他の柑橘と比べると果汁は少ないのですが、房の中の一粒一粒にしっかりとした旨みを抱いて、小気味良い食味を与えてくれます。
相性が良い魚介類と一緒に食べて頂きたい。
ちょうどこの時期だけ入荷するフランス産の遮光タンポポも一緒に前菜に仕立てます。
魚介の風味を引き立たせる柑橘が口の中でプチッと弾ける爽快さは、遮光タンポポのほろ苦さと交わって春らしいお皿に仕上がりました。

暦の上では春ですが、厳しい寒さはまだ収まりそうもありません。
今年は暖冬といわれていますが、凍てつく北風に身震いしてしまいます。
それでも、春を告げる力強い食材たちが市場に出始めてきていますよ。
せめてお皿の上で、やがて訪れる待ち遠しい季節を楽しんでいただきたく思っております。

関連記事

TEL / FAX

03-6438-9656

営業時間/定休日

営業時間

< Lunch >
12:00 - 15:00 (L.O.)14:00 

< Dinner >
18:00 - 23:00 (L.O.)22:00

定休日

Wednesday(水)


アーカイブ