カジュアルながらもゆったりと時間を楽しんでいただけるイタリアンレストラン カバカヴァロ

menu

Ristorante CAVACAVALLO

日本人の根幹

トウモロコシ、小麦と共に世界三大穀物の米の歴史は紀元前1200年頃の古代インドの聖典“リグウェーダ”という最古の文献の中に登場します。

そのことからおそらくはインドのアッサム地方や中国の雲南地方原産で、7000年程前には栽培が始まっていたようです。

日本にはシルクロードを経由して、縄文時代後期に九州地方に伝来し、その後300年という当時の流通では驚く程の早さで本州最北端にまで広がってゆきます。

狩猟や木の実の採取などの不安定な生活から計画的な食料確保へと基盤が整い、コメ作りの共同作業を通じてリーダーとグループが誕生します。

やがてそれがムラになりクニとなって日本の国の素になってゆくのです。

米の栄養素はまずは糖質。誰もが認識しているエネルギーのかたまりです。

美味しいからと沢山食べると太ります。

そして意外ですがタンパク質も多く、血となり肉となります。

お茶碗一杯のご飯の中にカルシウムやマグネシウム、亜鉛やビタミンEなど、体に必要なビタミンやミネラルもバランスよくふくまれていて、穀物の中で最も優れた食材なのです。

だんだん秋めいた人肌恋しい季節になってきました。

イタリアはピエモンテ、ロンバルディアを中心に米の文化が栄えて数多のコメ料理が存在しますが濃厚な米料理などがこれからの季節におすすめです。

温かくて栄養満点。カロリーが気になるところですが、美味しいものは太るのが世の常です。

ダイエットは明日からということで今宵は楽しみましょう!

美味しい赤ワインとともに。フレッシュポルチーニ茸も入荷していますのでリゾットにしたら旨いんです♫

関連記事

TEL / FAX

03-6438-9656

営業時間/定休日

営業時間

< Lunch >
12:00 - 15:00 (L.O.)14:00 

< Dinner >
18:00 - 23:00 (L.O.)22:00

定休日

Wednesday(水)


アーカイブ