カジュアルながらもゆったりと時間を楽しんでいただけるイタリアンレストラン カバカヴァロ

menu

Ristorante CAVACAVALLO

今が美味しい無花果の話

宗教的な文脈の中で頻繁に登場するおなじみの果物です。
聖書の中で最初に現れる果物で、禁断の実を食べてしまったアダムとイブがその葉を用いて身体を隠したとされています。
(宗派によってはエデンの園において禁断の実そのものとも言われています)
仏教では仏陀が無花果の樹の下で悟りを開きました。
人々の生活、風習の中でも強い影響力を及ぼしていて、アフリカ、キクユ族の女性にとって、妊娠のためには無花果の樹液が不可欠であり、パプアニューギニアやポリビアでは
無花果の樹には魂を盗む精霊が住み、近付くものや伐採しようとするものには、呪いをかけると信じられてきました。
民間療法では樹液が製薬として腹痛から心臓病まであらゆる病気の特効薬として世界中で使われてきたそうです。
しかも製薬の製法及び投与の仕方は極めて似ているというのも不思議なお話です。
最も日本ではなぜかお尻のイメージが強いのですが...
西アジアが原産の無花果ですが古えの時代から世界中で広く栽培され生活、文化、神話の中で息づいてきた、なんてミステリアスな果物でしょう!!
今回は日本で栽培するのが難しいとされているビオレソリエス種のいわゆる”黒いちじく”が佐渡から少量入荷しました。
ヨーロッパ由来の品種で国産メジャーのドーフィン種や蓬莱柿(ほうらいし)よりも赤い色と糖度が強く濃厚な黒いちじくを用いて、しめ鯖や秋鯖の自家燻製と一緒にどうぞ。
キャラメリゼした黒いちじくとアカシア蜂蜜を使ったジェラードの組み合わせも絶対に美味しいですよ。
入荷が不安的なので、あしからず。

関連記事

TEL / FAX

03-6438-9656

営業時間/定休日

営業時間

< Lunch >
12:00 - 15:00 (L.O.)14:00 

< Dinner >
18:00 - 23:00 (L.O.)22:00

定休日

Wednesday(水)


アーカイブ