カジュアルながらもゆったりと時間を楽しんでいただけるイタリアンレストラン カバカヴァロ

menu

Ristorante CAVACAVALLO

第15回目 ワイン会開催いたしました!!

こないだの日曜に開催れましたアブルッツォ州ワイン会(少しモリーゼ州も入ってます...)
お陰様で無事に終えることができました。
ご来店頂きました皆様、本当にありがとうございます。
またまたボリューミーな内容になってしまいましたが、皆様綺麗に飲んで食べていただいて
何よりです♪
次回も開催予定ですのでぜひぜひご参加お待ちしております。

s__.jpg
【Antipasti】
・ムール貝のサフラン風味
 アブルッツォはサフランの隠れ(?)メッカ。相性の良いサフランと共にたっぷりのサフランで風味付け
・野菜の重ね焼き
 こちらはお隣モリーゼ州からのお料理。何種類もの野菜をミルフィーユのように重ね合せ、たっぷりのパン粉、オリーブオイルと共にオーブンでじっくり焼き上げました。野菜が豊富な産地だけあって、優しい甘味が濃縮した一品。

・チーズボールのフリット
 つまみにはもってこい!
これがチーズ、パン粉、卵にほんの少しのにんにくだけで出来ているとは思えないほどのクオリティの高さ。
昔の人の知恵は素晴らしい。

k__.jpg
【Pasta】
キタッラマカロニの仔羊とパプリカの煮込み
 アブルッツォと言えばキタッラ。そして仔羊ラグー
ギターの弦のようなところを使ったパスタ。
これが思った以上に好評で、前日に慌てて親友にキタッラを借りたかいがありました。
下の写真は当日の朝の風景。

DSC_0053.jpg
こんなふうにして弦の上から押し出すようにして造ります。
m__.jpg
【Secomd】
黒豚とポレンタのスピアナイトア風
 骨がついているとはいえかなりボリュームが...
それでも香味野菜たっぷりで意外にも食べれてしまうんです。
下にあるポレンタとソースを絡めれば、また絶品!!

c__.jpg
【Dolce】
パロッツァ
 チョコレートかけのドーム型アーモンドケーキ。
ご想像通りのイタリアらしい素朴なお菓子です。
今回は少し手を加えて、ラム酒付のオレンジピールを入れて少し華やかに。

g__.jpg
【Pane】
じゃが芋入田舎パン
 そのまんまのネーミングですが、、、
マッシュしたじゃが芋も入れたしっとりパン。
香ばしく焼くとほんのりフライドポテトの風味が

1380622496248.jpg
【vino】
左よリ

・ ココチョッラ・スプマンテ・エクストラ・ドライ / カンティーナ・トッロ  ~Cococciola Spumante Extra Dry / Cantina tollo~
 なんとアブルッツォでスパークイングワイン?!しかも品種がココチェッラとは聞いたことないぐらいマニアック!
思わず飛びついてしまたそのお味は、りんご感たっぷりのチャーミングなお味。
食前酒で何杯もいけてしまいそうなワインですね。

・ コッリーネ・テアティーネ / ニコラ・ディ・シピオ  ~Colline teattine Bianco 2010 / Nicola di Sipio~
 こちらはペコリーノ、ファランギーナ、トレビアーノの三種類ブレンド。
なんでこんなに複雑的な香りがでるの?というぐらい力強くトロピカルな印象が、飲み終えればナッツのような苦味。ふぅ~、かなり奥深い。

・ ”インカント” / マラミエーロ  ~”Incanto”2010 / Marramiero~
 こんなにも濃縮感あるモンテプルチャーノは珍しいですね。それでいて樽熟ではなく。
テーブルワインのようなモンテプルチャーノ、樽かっちりのモンテプルチャーノばかり目立っているように思っていたアブルッツォでしたが、いいワインと出会いました。

・ ”アッピアナーエ” / ディ・マヨ・ノランテ  ~”Apianae”2009 / Di Majo Norante~
 今回はアブルッツォ州だけでなく、お隣モリーゼ州もコラボでご用意しました。
モリーゼが誇る偉大な造り手”ディ・マヨ・ノランテ”
赤ワインが得意な彼ですが、私はここのデザートワインが大好きなのです。
その名のとおり、密っぽさもあるのですが、杏のような甘酸っぱさがなんとも言えません!

かなり個性的なワインたちでしたが、どれも良いワインばかりでした。
もちろん料理も!!
今月も開催予定です!ご参加お待ちしております。

関連記事

TEL / FAX

03-6438-9656

営業時間/定休日

営業時間

< Lunch >
12:00 - 15:00 (L.O.)14:00 

< Dinner >
18:00 - 23:00 (L.O.)22:00

定休日

Wednesday(水)


アーカイブ