カジュアルながらもゆったりと時間を楽しんでいただけるイタリアンレストラン カバカヴァロ

menu

Ristorante CAVACAVALLO

イタリアワインの王様”バローロ”

朝夕はようやく涼しくなってきました。

そろそろ白ワインより赤ワイン!の時期がやってまいりますよー!

早速、赤ワインの王様出しちゃいます。

Barolo Gramolere 2002 / Givanni Manzone

バローロ・グラモレーレ/ジョヴァンニ・マンゾーネ

品種:ネッビオーロ

産地:ピエモンテ州モンファルテ・ダルバ

 

出たー!!イタリア界のキング“バローロ”

長期熟成に耐えうる酸味、渋みが特徴的です。そしてなんと言ってもその熟成がなせる技、重厚感と深いコクはまさに王様と呼ぶべきワインです。

バローロと言っても一括りに出来ないのがワインの面白いところ。

バローロ地区は主に5つの畑に別れており、それぞれ土壌の違いにより味わいも大きく変わってきます。

今回のモンテファルコは冷涼な気候もあり、厳格、ドライな味わいの堂々たる風格が感じられるかと思います。

そしてもう一つ大きな違いが出てくるのが、伝統派なのかモダン派なのか。

伝統的な造りでは15日以上のマセラシオンで色素分をゆっくり抽出し、大樽でねかせていきます。

これに対してモダン派は、ロータリーファーメンテーターによる短期間のマセラシオンで色素分を抽出した後は小樽にて熟成させます。

違いを一言でいってしまえば、モダン派はエキス分も十分!木の香りもパワフル!

伝統派は複雑的、且つシミジミ感じる旨みといった所でしょうか。あくまで単純な意見ですが。

今回の造り手はというと、モダン派の先駆者“マルクデグラッツァ”見出された造り手ではありますが、バリック、ロータリーファメンテーターを使わないなど、かなり頑固な伝統派。

バローロにとってはあまり良い年とはされていない2002年ですが、今まさに良い出来になっています!

ぜひ秋の味覚ポルチーニと一緒にいかがでしょうか?

 

関連記事

TEL / FAX

03-6438-9656

営業時間/定休日

営業時間

< Lunch >
12:00 - 15:00 (L.O.)14:00 

< Dinner >
18:00 - 23:00 (L.O.)22:00

定休日

Wednesday(水)


アーカイブ