カジュアルながらもゆったりと時間を楽しんでいただけるイタリアンレストラン カバカヴァロ

menu

Ristorante CAVACAVALLO

イタリア料理に欠かせないオリーブ

地中海沿岸が起源の世界最古の油です。他の植物油が種子を圧搾、精製して作るのに対して、搾ったままで利用できるのはオリーブ油だけです。

オリーブの実をギュッと搾ったまさにフレッシュジュースといえるこの油は、オイレン酸を主成分としてとても強力な抗酸化作用を有して、地中海沿岸に住む人々の健康を支えてきました。

悪玉コレステロールを減らすのみならず、体内の酸化を防ぎ、動脈硬化を予防してくれます。

又、交感神経を刺激して脂肪燃焼を促すポリフェノールをたっぷり含むため、抗アレルギーやガン予防にもつながります。(このポリフェノールがオリーブオイルの苦味や渋みの正体です)

イタリアでは、南はほぼ全域から北はリグーリアからヴェネトまで多種多様なオリーブが有ります。

それぞれの土地にオリーブおよびオリーブオイルを使った郷土料理があまた存在します。

オリーブの実は成熟するにしたがい緑色から黒色へと変わり、油分も多くなります。

油を搾るには色付けしたほうが良いのですが、食用にするにはグリーン鮮やかな未熟果が身上です。種を取り除き中にひき肉やハム、チーズをミンチにして詰め込み、油で揚げたマルケ州、アスコリピチェーノの郷土料理であるOlive all’ascolana~アスコリ風オリーブの詰め物のフライ~は今やイタリア全土に知れ渡った名物の料理です。

身質のしっかりとした大粒のオリーブをかじると中からジューシーでリッチな詰め物が飛び出してきます。

とても手がこんだこんな料理を生み出したこの土地の裕福さが伝わってきますね。

当店は今月マルケ州を掘り下げていこうと思ってますので、かの地のオリーブ料理を食べて夏の暑さで疲れた身体を抗酸化しに来てください。

 

関連記事

TEL / FAX

03-6438-9656

営業時間/定休日

営業時間

< Lunch >
12:00 - 15:00 (L.O.)14:00 

< Dinner >
18:00 - 23:00 (L.O.)22:00

定休日

Wednesday(水)


アーカイブ